メニュー

EMDR

EMDR:Eye Movement Desensitization and Reprocessing  眼球運動による脱感作と再処理法

EMDRはPTSD治療の代表的な心理療法です。

 

EMDRの実際

個性的な治療スタイルがNHK「クローズアップ現代」や「ETV特集」などのメディアでトラウマ治療の最前線として取り上げられたこともあって、一般の方々の間でも関心の高い治療法です。

 

実際にはトラウマに関連して思い出される場面の記憶、身体感覚などに意識を向けながら、治療者のリズミカルな手の動きを目で追います(眼球運動)。この眼球運動は何セットも繰り返しますが、その間、気づきを得ながら、記憶の整理を進めていきます。

眼球運動以外、音やタッチなど他の両側性の刺激を使うこともあります。

EMDRでは、つらい出来事を細かく話す必要がなく、他の療法に比べ短期間で改善が進むため、ストレスが少なくてすむことも特徴です。

 

EMDRのめざすもの


EMDRの前後で事実が変わるわけでもなく、辛い出来事の記憶が消えるわけでもありません。

 元々その方が持っている自己治癒力や経験から学ぶ力を引き出し、トラウマになっている記憶を統合して、「過去を過去にする」ことを目指します。

 これは本来の人生を取り戻す作業でもあります。

EMDRを受けるには

まずは、通常の診察(院長外来)を受診してください。EMDRが適応と判断された場合は、EMDR技法を修得しているカウンセラーへつなぎます。

EMDRのセッションは自費診療になります。費用や実施の曜日につきましてはお問い合わせください。

 

EMDRの歴史と発展

EMDRは1989年にShapiroによって報告されたのが始まりで、心理療法の歴史の中では比較的新しい技法です。当時ベトナム退役軍人のアルコール/薬物依存や犯罪率の増加などが社会問題となっていたアメリカにおいて、PTSDの存在が知られ、その治療法として関心が高まったことを背景に急速に研究が進み、発展、普及してきました。

 

国際社会でのEMDRに対する評価

2013年にはWHO(世界保健機構)が「PTSDの患者の心理的負担が最も少ない治療法」としてEMDRを推奨しています。

現在では52か国でトレーニングが行われ、2000年には国際トラウマティック・ストレス学会はEMDRを有効なトラウマ治療法として認定しました。

他国に先立ち、1998年にアメリカ心理学会、2001年に英国保健省がEMDRの有効性を認め、2002年以降にはイスラエル、オランダ、北アイルランド、スエーデン、フランス、オーストラリアが順次続いている。アジアでは韓国で保険診療が認められています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME