メニュー

認知行動療法

ストレスに強い心をつくる

認知療法・認知行動療法は、ものの受け取り方や考え方(=「認知」)に働きかけて気持ちを楽にする心理療法の一つです。週1回から月1回ほどの定期的なカウンセリングを通して、ストレスに強いこころの状態をつくり、気持ちを楽にして過ごせるようしていきます。

様々な疾患に効果が実証されています

欧米ではうつ病や不安障害(パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など)、不眠症、摂食障害、統合失調症などの多くの精神疾患に効果があることが実証されており、日本でも広く使われるようになってきました。

認知の歪みに気づく

私たちは、自分が置かれている状況をいつも主観的に判断し続けています。

しかしこの判断は、強いストレスを受けている時やうつ状態に陥っている時など、特別な状況下では必ずしも適応的に行われるわけではありません。このことを「認知の歪み」と呼びます。

認知に歪みが生じると「自分は何をしてもダメだ」「状況は悪くなる一方だ」など過度に悲観的な考えばかりが浮かぶようになり、その結果、諦めや自分を責める気持ち、不安感が強まることでさらに状況が悪くなるような行動を起こしてしまいます。自分で自分を問題が解決できないこころの状態に追い込んでしまうのです。

 

たとえば、送ったメールになかなか返信が来ない時、通常の状態なら「忙しいのかな」「そのうち返事が来るだろう」といった程度にしか思わないことが多いでしょう。

しかし、認知が歪んでいると「こんなメールをしてしまって迷惑だっただろうか」「自分はこの人に嫌われている」「自分は誰にも相手にされないダメな存在だ」というように次々に極端な思考が浮かび、その結果、相手に攻撃的になったり自分を過度に責めて苦しくなったりしてしまいます。

 

また、何かひとつのことに心がとらわれて辛くなってしまうこともあるかもしれません。たとえば特定の状況や物を怖いと感じると、最初はその状況や物を避けるようになり、徐々に関連すると思われることを結びつけてしまうことで怖い状況が増え、日常生活への支障が徐々に大きくなっていきます。

現実的で柔軟な考え方を身につける

認知行動療法では、悲観的になりすぎず、かといって楽観的にもなりすぎず、地に足のついた現実的で柔軟な考え方を練習することで、いま起こっている問題に対処していけるように手助けします。

また、気持ちが大きく動揺したりつらくなったりした時に勝手に頭に浮かんでくる考え(「自動思考」)に目を向けて、その考えがどの程度現実と食い違っているかを客観的に検証し、思考のバランスをとっていきます。

こうした作業をカウンセリングの面接場面はもちろん、ホームワークも適宜用いて練習を繰り返すことにより、ストレスに上手に対応できるこころの状態をつくっていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME