メニュー

女性更年期障害

こんな症状があったら要注意!

□40~50代の女性である □頭痛、肩こり、めまいがある □よく眠れない 
□のぼせ、汗 □気持ちが落ち込む □疲れやすい、体がだるい


目次                    
1.SMIスコアでチェック
2.女性更年期障害の症状
3.女性更年期障害に対してできること
4.治療



1.SMIスコアでチェック

SMI更年期指数セルフチェック

更年期はすべての女性が閉経前後に通る人生の重要なターニングポイントです。

 この重要なターニングポイントを迎えた40代~50代の女性には、日常生活に支障をきたす多様な症状が出ることがあります。こういった多彩な症状を「更年期障害」と呼びます。症状は200〜300種類もあるといわれ、一人ひとり症状や重症度が異なり、個人差が大きいことが特徴です。

 どのような変化にも心と体はエネルギー必要とします。女の子から大人の女性へと成長するときもダイナミックな身体の変化に伴いストレスがかかっていたように、更年期はそれと同じくらいかそれ以上の大きなストレスがかかります。ホルモンバランスや加齢といった生物学的な変化だけではなく、この年代はご自分の一人のことではなく、閉じる役割、新しく引き受ける役割など家庭や社会での役割の変化等様々な心身の負担がかかります。

2.女性更年期障害の症状

 ホットフラッシュやのぼせが有名ですが、日本人女性にはそれほど目立たず、頭痛、肩こり、疲れやすさ、やる気のでなさ、など体の痛みや、不調、気分の落ち込みなどのメンタル不調が目立つこともあります。

 

血管運動神経症状 

ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)発汗。

体温調節のできない不快さで自信を失ったり、今までかかなかったところに汗をかくようになり、汗が匂うのではないかと、人との付き合いが億劫になる方もいらっしゃいます。

精神症状

気分の落ち込み 涙がでてしまう 不安、情緒不安定など

身体症状

頭痛、腰痛、関節痛、動悸 手足の冷え 肩こり 体のだるさ 外陰部の乾き 

外陰部の乾きについてはホルモン療法が効果的です。婦人科受診をお勧めします。

 

3.女性更年期障害に対してできること

 更年期は女性の人生の重要なターニングポイントの1つです。ホルモンバランスをはじめとした身体、家庭内の人間関係の変化、社会的にも様々な変化があります。 

体のケアとこころのケア

 40代~50代はそもそもストレスフルなステージを歩んでいることを知って不安になりすぎないことが大切です。適度な運動をすること、バランスのよい食事をとること、十分な睡眠をとること、こういったことを心にとめて健康な体を保つようにすることで症状が軽くなります。

また、すべての女性が通るもの、と知るだけで楽になりますので、運動、食事、睡眠など体にいい環境を整えながら、ゆったり受けとめるようにしましょう。

 

周りの方の理解も大切

 ご家族やパートナーなど周囲の方は、この大変なステージを歩んでいることを理解して温かく見守ってください。「つらい」ということに対して共感するだけでも、更年期のつらい症状をご自身の力で乗り越えることができるかもしれません。

4.治療法

 更年期障害は症状が多彩なため、当院では生活習慣などを確認しながら、薬物療法とカウンセリング(自費)を組み合わせて治療を行うことをお勧めしています。

薬物療法

当院の薬物療法は主に漢方薬、抗不安薬、抗うつ薬などを使用します。気持ちの落ち込み、不眠、倦怠感などの症状が心療内科の薬だけで改善することは珍しくありませんので、どうぞご相談ください。

プラセンタ療法(保険、自費)

45~59歳の更年期障害の女性の治療としてプラセンタ療法の保険適用が認められています。

当院でもプラセンタ注射を受けて頂けるようになりました。

推奨される治療頻度や量についてはご相談ください。詳しくはこちらをご覧ください。

カウンセリング(自費)

 カウンセリングは薬だけでは改善に時間がかかる方や、ご自分を取り巻く環境を見つめ直したい方にお勧めしています。カウンセラーが、いま抱えていらっしゃる家族、仕事、生活、介護、お子様の受験、人間関係などのストレスをお伺いし、一緒に一つ一つをひもときながら、少しでも楽にすごせるようサポートします。

 

 

初診のご予約方法・診療の流れ


当院では、
心療内科・精神科
カウンセリング
ヘルスケア治療(美容・健康)
診療の3本柱としており、すべて完全予約制となっております。

ご予約がないとご来院いただいても長時間お待ちいただくか、
場合によっては、
大変心苦しいのですがお断りすることもございます。
再診の方も完全予約制となっております。

*カウンセリングをご希望の方もまず心療内科・精神科の受診が必要となります。
*ヘルスケア治療は精神科・心療内科への受診なく受けて頂けます。
 健康・美容の維持 増進のためにヘルスケア(注射、点滴、サプリメントなど)をご利用ください。

 


【1.初診ご予約方法】

①ウェブ予約または*お電話にてご予約ください

ウェブ問診票の入力(ご予約日の3日前~ご来院前までに入力)



①ウェブ予約、*電話予約

ウェブからご予約ください。

ウェブ予約はこちら


*電話予約について>
■心療内科・精神科の初診
近日中に空き枠がある場合や、急なキャンセルが生じた場合は、
ホームページ トップ画面を開くと表示されるポップアップ「【初診のご予約】空き状況についてのお知らせ」に随時掲載いたします。
掲載を見て初診のご予約をされる方はお電話でご連絡ください。

■ご不明な点がある方もお電話にてお問合せください。

03-5798-3458


②ウェブ問診票の入力

ご予約をお取りいただいた後に、ご自宅にてウェブ問診票の入力にご協力ください。
直近のご様子をお伺いしたいので、
ご予約日の3日前~ご来院前までに問診票のご入力をお願いいたします。

*ウェブ問診票から予約はお取りできません。
*ウェブ問診を入力された方は、受付で必ず「問診票入力済み」とお伝えください。

ウェブ問診票はこちら

   
  ウェブ問診票QRコード

    

 

【2.受診対象年齢】

心療内科・精神科/カウンセリング

15歳以上の方

*中学生、高校生の受診は必ず本人の来院意志を確認してからのご予約をお願いいたします。
また、初診時は必ず保護者の方がご同伴ください。
高校を卒業された方、16歳以上の方で すでに就労しており保険証(本人)をお持ちの方
は、お一人で受診していただけます。

ヘルスケア治療(健康・美容)

20歳以上の方

 


【3.当院の治療について】

診療内容によって変わりますが、初めてのご来院の場合は、問診票の記入や血液検査、待ち時間等を含めて
おおよそ2時間くらいが目安と考えていただければ幸いです。
時間に余裕をもってお越しください。

■心療内科・精神科/カウンセリングについて

▶当院では治療の難しい方
当院は多くの機能を備えた医療機関ではありません。
患者さまの安全を最優先としていますので下記に該当される方は、適切な医療サービスを提供できる医療機関や入院病床のある精神科病院への受診をお勧めいたします。

・自傷・他害のおそれのある方
他者への暴言・暴力、大量服薬・リストカット等の自傷、自殺企図、警察の介入などがこれまでにあり、緊急の対応を必要とする可能性のある方。

・解離性障害
・パーソナリティ障害
・依存症(アルコール、薬物等)
・摂食障害
・過去1年以内に入院歴のある方
・入院中にフォロー先を探している方


*セカンドピニオン、離婚関係の書類作成、交通事故の後遺症認定等に関する診断書の作成は承っておりません。
*当院は生活保護法指定医療機関、労災保険指定医療機関ではございません。 

▶カウンセリングをご希望の方
当院のカウンセリングは完全予約制になっておりますので、初診当日のカウンセリングはお受けいただけません。
通常、患者様に適したカウンセラーをご案内するまで複数回の診察を受けていただいております。

・カウンセリングについてはこちらをご覧ください。

・原則として診察やカウンセリングを受ける際にはご本人様お一人でお願いしておりますが、ご本人の同意と医師の許可があれば、付き添いとして一緒にお部屋にお入りいただくことは可能です。


・ご家族やご夫婦一緒の診察やカウンセリングは承っておりません。

 

■ヘルスケア治療(健康・美容)について
心療内科への受診なくヘルスケア治療のみでも受けて頂けます。
健康・免疫・活力・美容等の維持 増進のためにヘルスケア(注射、点滴、サプリメントなど)をご利用ください。

心療内科診療の待ち時間やお連れ様の診察が終わるまでの待ち時間に治療をお受けいただくこともできます。
お気軽にスタッフにお声かけください。

保険適用のある疾患(慢性肝疾患による肝障害、更年期障害、乳汁分泌不全)でプラセンタ注射をする場合、
血液検査が必要になることがあり、その場合は血液検査費用がかかります。

2回目以降、診察なく、ヘルスケア治療のみをお受けになる方はあまり待ち時間なく治療をお受けいただけます。

 

【4.診療の流れ】

診療の流れ、料金 等の詳細はこちらをご覧ください。

■心療内科・精神科/カウンセリングはこちら

■ヘルスケア治療(健康の維持・増進)はこちら

■診療・カウンセリング担当表はこちら

■初診のご予約はこちら

 

 

執筆・監修

こちらの記事は、下記の精神科医が執筆・監修しております。

 

興梠真紀(こうろ まき)

  • 役職:東京はなクリニック院長
  • 資格:精神保健指定医/日本精神神経学会認定専門医/日本医師会認定産業医/労働衛生コンサルタント
  • 学会:日本精神神経学会

詳しいプロフィールはこちら »

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME