メニュー

不眠症

こんなことがありませんか?

 

☑なかなか寝付けない

☑途中で目が覚めて眠りに戻ることができない

☑朝の早い時間に目が覚めてしまう

☑ぐっすり眠った気がしない

 

不眠症とは

 不眠症とは、寝付けない、途中で頻繁に目が覚める、朝早く目が覚める、ぐっすり眠れた気がしないなど、眠りに関するトラブルが1ヶ月以上続いて、日中にだるさ、やる気が出ない、集中できないなどの不調が出現する状態です。不眠の原因は過度のストレス、こころやからだの病気、薬の副作用などさまざまですが、それぞれの原因に応じた早めの対処をすればよくなります。

 不眠が続くと、眠れないことへの不安が強くなって、「今日こそ寝なくては」と緊張して構えてしまったりして、不眠が悪化するという悪循環に陥ることがあります。日常的な対処で改善しないときは、こんな小さなことで、と思わずに早めにご相談においでください。

 

不眠に対してできること

まずは生活の中でできる工夫をしてみましょう。丁寧に実行すればよく眠れるようになります。

・生活のリズムを一定にする

・朝のうちに太陽の光を浴びるようにする

・適度な運動をする

・寝酒は控える

 

不眠の治療

 当院での治療は問診と薬物療法が中心です。

 日常生活の過ごし方などを問診して、寝つきが悪い、熟睡できない、など不眠のタイプをみきわめ、それぞれの症状に合った睡眠薬お勧めします。一つの薬で快適な眠りが得られなかったら、量を変更したり、別の薬を試してみたりするなど、きめ細かく調整してぴったりと合うものを探していきます。

 睡眠薬は一度使い始めると手放せなくなり、次第に量が増えていくので怖いと思っている方もいらっしゃいますが、最近の睡眠薬にはそういう心配はありません。不安や緊張・興奮をやわらげて眠りに導くので自然に近い眠りが得られ、副作用も少なく安心して使えます。

 また、薬の副作用を心配するより、気持ちよく眠って翌日を快適に過ごすことの方がメリットが多いと考えています。快適な一日を過ごすために安心してご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME